ひまわり

○○○○○○○○イメージ

 

グループホーム·ケアホーム(共同生活援助事業 5カ所定員23名)

 

 グループホームとは知的障害のある方の地域における暮らしの場です。住み慣れた地域で普通の生活を営むというノーマライゼーションの理念にそい、在宅生活や入居施設と同様、選択肢のひとつです。
 日中は企業に働きに行かれている方、地域の作業所に行かれている方など様々です。部屋は一人ずつの個室であり食事の提供があります。
 また趣味を持ち習い事や教室に通われている方、ガイドヘルパー制度を利用して、好きなところに外出される方、ホームが企画する行事に参加される方など週末を過ごされています。